なかでも妻が浮気中だなんていう相談の場合は、意識していても世
間体や恥と思う気持ちがひっかかって、「人にこんなことを話すな
んて?!」そんなふうに思って、心の中をぶちまけることをせずに
終わらせてしまうことになりがちです。
相談が多い不倫であるとか旦那の浮気調査というのは、困難な調査環境で
の証拠の写真や動画の撮影が少なくないので、調査している探偵社
が異なれば、尾行技術の水準・撮影用機材の違いが大きいので、ち
ゃんと確かめておきましょう。
調査金額が低く抑えられることだけばかりを考えて、相談する探偵
事務所などを選ぶようでは、期待していたような調査をできたとは
言えない状況で、調査にかかった費用や料金を渡すだけで終わって
しまうといったケースになる可能性もあります。
依頼する探偵っていうのは、どこでも一緒というわけでは決してご
ざいません。トラブルの多い不倫調査の成否は、「探偵を選択する
ときにどうなるかわかる」などと申し上げたとしても間違いではあ
りません。
もしかしたら不倫されているかもと考えているのなら、苦しみから
解放される第一歩は、不倫調査をすることで本当のことを知ること
だと思います。どこにも話をせずに辛い思いをしていても、悩みを
なくすための手がかりはプロのようには見出せません。
できるだけ速やかに請求した慰謝料等を受け取って、請求者が持つ
不満に区切りをつけさせてあげることが、不倫トラブルの訴えを起
こした側の弁護士がやらなければならない業務です。
ただ単に旦那の浮気調査を実行して、「明確な旦那の浮気の証拠を手に入れるこ
とができたらその時点で終わり」じゃなくて、離婚に関する法律相
談や和解のための助言をしてくれる探偵社に申し込むほうが安心で
す。
確実に浮気の事実を捉えた証拠を手に知るには、長い時間と労力が
なければ困難で、普通に仕事をしている夫が自力で妻の浮気現場を
見つけるのは、困難であきらめてしまうケースが大部分であること
がわかっています。
離婚後3年間たってしまうと通常は相手に慰謝料を要求できなくな
るのです。だから、もしも時効の3年間経過直前なのであれば、可
能な限り早く経験と知識の豊富な弁護士にご相談いただくのがベス
トです。
3年経過済みの旦那の浮気があったという証拠を突き止めても、離婚、婚
約破棄に係る調停あるいは裁判においては、効果のある証拠として
取り扱ってくれません。証拠の場合、できるだけ新しいものを準備
してください。用心してくださいね。
証拠はないけれど違うなと思ったら、すぐに本当かどうか旦那の浮気の素
行調査を頼んでみるのが最良の選択でしょう。なにより調査にかか
る期間が短ければ、調査に必要な料金も低くなるわけです。
それぞれの原因などによって差があるので、細かな金額を出せない
のですが、不倫のせいで離婚が決まったのであれば、慰謝料として
支払う金額は、100万円以上で300万円くらいまでが普通の相
場でしょう。
旦那の浮気や不倫をしていることは隠したままで、唐突に「離婚して」な
んて迫られた。こういう場合は、旦那の浮気の証拠をつかまれてから離婚
したのでは、相手に対して慰謝料の請求をされる可能性があるので
、黙っているかもしれません。
旦那の浮気や不倫、素行調査を任せたいといった人は、特に調査時に探偵
に支払う費用が気になってしまうものです。料金は安く抑えてスキ
ルは高い探偵にやってもらいたいと思うのは、世の中誰でも共通で
す。
後のトラブルを避けたいのであれば、一番に念入りにそれぞれの探
偵事務所の費用・料金体系の特徴を確認しておいてください。可能
なら、料金や費用が何円くらいになるのかも相談したいところです