なによりも旦那の浮気を確認したとき、最も大事なのは妻、つまりあ
なたの考えだということははっきりしています。元の生活に戻るの
か、別れて別の人との人生を歩むのか。冷静に熟考して、後年失敗
したと思わないような選択を心掛けましょう。
旦那の様子が普段と異なると感づいたら、浮気のわかりやすいサイン
では?前から「仕事に行きたくないなあ」と言い続けていたはずが
、ニコニコと会社に向かう、そんな変化があったならたいていは浮
気してるんでしょうね。
それぞれの原因などによって全然違ってくるので、決まった数字は
ないのですが、不倫問題で離婚せざるを得なくなったということで
あれば、慰謝料として請求する金額は、100万円以上300万円
以下程度が普通の金額だと考えてください。
自分でやる浮気調査、これは確かに調査にかかる費用を低く抑える
ことができるはずですが、肝心の浮気調査そのものの品質が低水準
なので、著しく感付かれてしまうなんて失敗をすることがあるので
す。
料金のうち着手金とは、探偵による調査を行う者への給料、必要な
情報や証拠の入手時にかかってしまう最低限必要な費用。その額は
各探偵や興信所で完全に違ってきます。
専門家に依頼した方がいい?費用はどれくらい?調査にかかる期間
は何日?それに不倫調査をお願いしても、うまくいかなかったらど
うしたらいいんだろう。いろんなことを苦悩してしまうのも自然な
ことなんです。
旦那に浮気は間違いないと言わせるためにも、離婚や慰謝料
の請求のためにも、客観的な証拠を握ることが間違いなく肝心な点
になるのです。つかんだ証拠を認めさせることで、言い逃れなどを
許すことなく前進できます。
わずかながら夫の気配が今までと変わったとか、近頃突然「仕事が
終わらなくて…」なんて言って、帰る時間が遅くなった等、「旦那が
浮気?」って勘繰りたくなる言動や状況は非常に多いと思います。

夫婦が離婚した場合、その後3年たつと、法律上慰謝料を相手に要
求できなくなってしまいます。仮に、離婚後3年直前なのであれば
、ぜひ速やかに信頼できる弁護士を訪問してみてください。
夫婦の離婚理由はケースごとに違って、「最低限の生活費を出して
もらえない」「性生活が成り立たない」などもあると推測されます
けれど、それらすべての原因が「不倫」という可能性は低くありま
せん。
最終的に、慰謝料の具体的な額というのは、請求サイドと協議をし
ながら具体的なものになる場合が少なくないので、かかる費用との
兼ね合いにもよりますが、相談希望の弁護士の先生への相談を検討
するなんてやり方もいいと思います。
実際に不倫・浮気調査などの調査を任せたいなんてことを考えて、
パソコンやスマホを使って探偵社のサイトの情報で調査料金の具体
的な金額を割り出そうとしても、どこも具体的な金額は載せていな
いのです。
「基本料金」と書かれているのは、どんな依頼でも支払わなければ
いけない額ですから、それに加えて合計費用になるのです。素行調
査のターゲットの職業や住宅の周囲の状況、通常使っている移動の
手段でずいぶん開きがあるため、料金にも差が出ます。
旦那の浮気なら3年経過済みの浮気を裏付ける証拠を見つけ出しても、離婚や婚約
を破談にしたいときの調停を受けたり裁判をしたりするときは、有
効な証拠という意味では使ってくれることはないんです。ごく最近
のもの以外はアウトです。気を付けてください。
実際に調査依頼を検討中の場合であれば、探偵などを利用するため
の費用にはとっても関心があります。なるべく低価格で高い品質の
サービスを利用したい、そんなふうに思うのは誰でも同じなんです